ホーム ≫ 技術情報 ≫ 番号印刷
番号印刷
番号印刷のメリット
数量管理に最大の効果を発揮する技術です。連続番号を印刷することによって、使用数量、残数等が簡単に管理出来ます。
各番号は重複が無いように印刷され、それぞれの番号を固有のものとすることが可能で、宝くじや株券など後々製品を特定する必要のある製品には不可欠です。
その特性上、番号の形・規則性・インキ等により印刷を行った会社や発行団体を特定する効果があります。
特に活版印刷で行った番号印刷には、固有の書体、くせ、キズ、状態があり、非常に優れた真偽判定機能があります。

番号印刷の種類
印刷物への番号印刷は主に「活版方式」と「プリンター方式」に大別されます。
活版方式は活版印刷機による凸版方式での番号印刷です。単純な構造であるため、大量印刷、品質管理がし易いといったメリットがあります。
その反面メカニカル式であるため、ランダム番号や不規則なチェックデジットには対応が出来ません。(ナインズチェックやセブンズチェックなど、規則性のあるものについては対応が可能です。)
プリンター方式はレーザープリンター、インクジェットプリンター等による番号印刷です。コンピューター処理で番号を生成するため、可変データの印字に適しています。
その反面、機械固有の情報が少なく、真偽判定には不向きです。
 
 お問い合せ
トップ
次の頁
前の頁


サイトマップ

トップ 製品・サービス 技術情報 企業情報
 金融機関のお客さま
 商品券発行をご希望のお客さま
 試験問題をご検討されているお客さま
 通帳
 商品券
 検定・入試問題
 証書・手形小切手・磁気製品
 カーボンオフセット
 電子ブック
 商品券の偽造防止技術
 証書の偽造防止技術
 手形小切手の偽造防止技術
 ホログラム
 OCR・OMR印刷
 磁気印刷
 番号印刷
 ごあいさつ
 会社概要
 経営理念・品質方針
 個人情報保護方針
 情報セキュリティ方針
 反社会的勢力による被害を防止するための基本方針
 一般事業主行動計画 
 企業沿革
 採用情報
 お問い合せ
 アクセス