ホーム ≫ 製品・サービス ≫ カーボンオフセット ≫ カーボンオフセットの仕組み
カーボンオフセットの仕組み
商品券のデザイン・偽造防止
 エネルギー(電気・石油等)を消費することで排出しているCO₂(カーボン)を、様々な削減事業から「排出権」を購入することで、相殺(オフセット)し、差し引きゼロにする仕組みです。

削減の仕組み
 人間が生活する以上CO₂の排出を抑えることはできません。
 「カーボンオフセット」とは「エコ」などの省エネ活動による削減をしても排出されてしまう温室効果ガスを、 事業などの削減するための手段を持っている他の人に、自分に替わって削減してもらう仕組みのことです。
 自分に代わり「削減」をしてくれる人を支援し、私達の住む地球全体で見た温室効果ガスの「収支」を最終的に差し引きゼロにするという考えに基づいています。



Jクレジット制度について
 J-クレジット制度とは、環境にやさしい省エネルギー機器の導入や、CO₂を削減する森林を経営するなどの取組によって、国がCO₂などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として認証する制度です。
 この制度は国内のクレジット制度とオフセット・クレジット(J-VER)制度が発展・統合して誕生した制度で、2013年より国主体で運営されています。
 J-クレジット制度が創出するクレジットによって、私達は低炭素社会実行計画の目標達成、そしてカーボンオフセットの実現など、様々な用途への活用が期待できます。



オフセットのタイプについて
  オフセットの種類はお客さまのご予算・ご要望に合わせて「CO₂特定タイプ」及び「クレジット量固定タイプ」の2種類から選択することが可能です。


 印刷の製造過程において排出されたCO₂の量を算出して排出権を割り当ててオフセットする「CO₂特定タイプ」がオススメです。


 費用の一定割合や、「1部当たり○kg」など、任意の排出量に合わせた細かなクレジット量を算出する「クレジット量固定タイプ」がオススメです。

※なお、クレジット量固定タイプを選択された場合は、「杉の木何本分の吸収量に相当」・「地域の何世
 帯分の電気量」などの諸条件を勘案し、具体的なご提案までさせていただきます。


お問い合せ



サイトマップ

トップ 製品・サービス 技術情報 企業情報
 金融機関のお客さま
 商品券発行をご希望のお客さま
 試験問題をご検討されているお客さま
 通帳
 商品券
 検定・入試問題
 証書・手形小切手・磁気製品
 カーボンオフセット
 電子ブック
 商品券の偽造防止技術
 証書の偽造防止技術
 手形小切手の偽造防止技術
 ホログラム
 OCR・OMR印刷
 磁気印刷
 番号印刷
 ごあいさつ
 会社概要
 経営理念・品質方針
 個人情報保護方針
 情報セキュリティ方針
 反社会的勢力による被害を防止するための基本方針
 一般事業主行動計画 
 企業沿革
 採用情報
 お問い合せ
 アクセス